法改正による認可|犬の皮膚病は獣医が治すこともできる場合がある

犬の皮膚病は獣医が治すこともできる場合がある

法改正による認可

ドッグ

猫のための保険の価格傾向

飼い猫が病気やけがにより動物病院を受診した場合、治療にかかったお金は人間のように健康保険制度があるわけではないので全額自己負担です。治療にいくらかかるのかという統一された料金システムといったものもないので、実際にかかる費用は受診するところで違いが出るのです。そのために猫の治療には高額な費用が掛かるのではと心配される方も多く、最近では保険に加入する人も多いです。猫の保険は実際にかかった治療費を支払限度額の中で一定割合支払ってくれるというような内容のものです。猫の保険は年齢により月額の保険料が異なってくるようになっており、犬のように種類により大きな違いが出てくることはないです。月額2000円から3000円ほどで保障を受けることができるようになっている保険がほとんどです。

これまでの歴史や変遷

いまでは猫を飼っている人の中でも認知され加入を検討する人が増えてきていますが、2000年ごろに共済という形でスタートしたのがはじまりでまだまだ歴史は浅いです。しかしながらその当時は無認可の共済であり、万が一取扱している会社に倒産などの事故が起きた場合に保険金の支払いが行われないというような不安定な状態でした。そのために加入を躊躇するような人も多かったです。そのような状態から2008年に法改正が行われ猫のためとはいえきちんとした決まりのもとで、少額短期保険業者という人たちもしくは従来の保険会社しか扱うことができないようになったのです。現在ではその安心感もあって、ペット先進国には及びませんが加入者が徐々に増えてきています。